アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「宝探し」のブログ記事

みんなの「宝探し」ブログ


Volvo The Hunt 2007!!!

2007/04/26 20:58
いやー驚きました!本日、表題のメールが届きました!
しかもGW中に開始とは粋なはからいですね。^^
今回はどんな難問が待ち受けているのでしょうか。
いまからとーっても楽しみです!
記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 5


おまけ(アルバム)

2006/10/01 19:20
自分達の為の思い出アルバムを兼ねて、これまで掲載しきれなかった写真のなかで思い出に残っているものを掲載いたします。(調子に乗って直貼したらブログが重くなってしまったので専用のアルバムを作りました。下記のリンクからご覧ください。)

http://volvo-treasure-hunt.at.webry.info/album/samurai

画像
               こちらが戦利品のNewV70です!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


幸運の鍵

2006/10/01 18:21
画像今回のブログの最初の記事に書きましたが、旅行直前にパイレーツオブカリビアンを見に行った時に映画館で妻にプレゼントしてもらったグッズがこちらです。

映画のなかでジャックが探し求めていたDead Man's Chestの鍵のレプリカ品です。金属製で本物そっくりです。これをイベント中ずっと首から下げていたのですが、みんなからとってもとってもうらやましがられました。Jamesからは「盗まれないように気をつけろ!」とまで言われました。^^

まさにこの幸運の鍵が準優勝まで導いてくれたのだと思います。

自分自身これまでわりと運がいいほうだと自負してはいたのですが、今回のイベントについては言うまでもなくブッチギリの幸運でした。世の中こんなことが起こるのかと。無論、金額的には宝くじの1等当選には負けるのでしょうが、このイベントでは本当に素晴らしい参加者やスタッフの方々との出会いや壮大な規模で用意された決勝戦イベントなど自分ではどうにも成し得ない本当にかけがえのない出会いと経験をさせてもらうことができ、宝くじに勝るとも劣らない最高の幸運をもたらしてくれました。(もちろん宝くじは連戦連敗です。念のため。^^)

この場を借りて、この最高に素晴らしいイベントを主催してくれたボルボとその多くの関係者の皆様、そして、そのイベントを一緒に盛り上がった熱くてやさしくて楽しい参加者の皆様、そしてこの旅行に参加するに当たって熱い声援と餞別^^を贈ってくれた私達の両親兄弟、そしていつも近くにいて猛烈な暑さや英語の壁と戦いながらも最高の応援をしてくれた妻に心より感謝いたします。本当にありがとうございました。

また、最後になりましたが、7月末の国内代表決定以来、ブログ上で本当に心温まる声援を送って下さった皆様に心より感謝申し上げます。皆様のところにも多くの幸運が訪れますことを心より祈念致します。

今後とも何かの折には皆様と交流させていただけると幸いです。(このブログは当分の間残しておきますので何か(次のボルボイベント!?)ございましたらコメントなどいただけたら幸いです。)

ブログとしては短い期間ではありましたが本当に本当にありがとうございました。(完)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17


かわいいイカくん

2006/10/01 17:09
画像プールでひとしきり遊んだ後、プライベートビーチに向かうことにしました。
せっかく直前に購入したSnorkelingグッズがあるのだからもう一度楽しみたい。部屋まで戻ってグッズをGetしビーチへ向かいます。それほど大きくないビーチで、遊泳エリアも制限されていたのですが、ひとたび海の中に入るとこれが思っていた以上に美しかったです。

真っ白で砂漠の様に水中で波打っている砂地があったりいろんな種類のきれいな魚達が気持ちよさそうに泳いでいます。魚の種類もアバコとは違うようでした。なかでも印象的だったのはビーチに近いところで(ほとんど足が着きそうなところ)かわいらしいイカの群れを見ることができました。バーベキューグッズでも持っていたら間違いなく捕まえていたかもー。^^

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


凄腕カメラマン

2006/10/01 16:51
画像ナッソーでの最終日、午前中はホテルのプール&スライダーで遊びました。

ここのスライダーはなんと体感角度90度で落ちた後、サメの水族館に突入するのです!(もちろんサメのいる水の中ではなく、そこに通っている透明なチューブの中を滑っていくのですが。^^;)

妻を半ば無理やり説得して、スライダーを滑り落ちました。もう一回行こうとすると妻はもう無理...。

妻「かわりに写真とってあげる」

Akihiro「それは難しいんじゃない?落ちるの一瞬だよ?」

妻の腕もたいしたものです。上の写真、落ちているのは私です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


愛しいイルカちゃん

2006/10/01 16:38
画像翌日は妻の熱烈な希望もあって事前予約していたドルフィンエンカウンターに参加しました。
このツアーではイルカに触ったり一緒に泳いだり!できるのです。

右の写真は私が水の上を走っているようにも見えますが、^^;実は2頭のイルカが私の両足をそれぞれ全く同じスピードで押してくれているのです。すごいスピードで驚きますが、ばっちりグリコマークで決めてみました。

この他にもイルカと手をつないでダンスをしたり、ハグ&キス、そして餌をあげたりしました。

ひとしきりイルカと遊び、陸に上がると再び妻が目で訴えてきます。

妻「ビデオ欲しい...」

そこではイルカと遊んでいるときに係の人が参加者の様子をとっているビデオがその場で編集されて売られているのです。

Akihiro「せっかく参加したし買っときますか...。^^;」
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


まさかの再会

2006/10/01 16:22
画像翌日はのんびりとナッソーのダウンタウンを観光します。比較的小さな町なので徒歩で散策しました。お昼前にホテルを出発し、ダウンタウンの一番遠い端にあるレストランまで1時間ほど歩いていきランチを食べました。そのとき飲んだラム酒入りのフローズンマンゴーとフローズンラズベリーがすごかったです。その色は超原色。味は超濃厚、ドロリとしています。猛暑の中フローズンでサッパリと一息つけるだろうと思って注文したのに...。(といいながらしっかりラム酒をトッピングしているのですが。^^)

昼食後はダウンタウンを散策してお土産を探したり観光スポットをいくつか見てまわりました。ひとつ楽しみにしていたスポットに、その名も「パイレーツ オブ ナッソー」という海賊の物語を人形やアトラクションにした博物館がありました。地球の歩き方でその場所を探しつつ歩いていると、

妻「あれ???もしかしてあの声...!?」

Akihiro「うおーーー!!!!パイレーツだーーー!!!」

そう!なんとボルボのイベント中にしょっちゅう登場していたあの海賊衣装のおじさんがその博物館の前で門番兼呼び込みをしていたのです!

Akihiro「He---y!!!Pirate!!!」

Pirate「Woooooo!!!Volvo Akihiro-----!!!」

予想もしなかった、嬉しくて早い再会でした。お互いに感激し、いつもどおり手荒な歓迎を受けました。実は彼はこの博物館専属の看板娘ならぬ看板おじさんだったのです。早速チケットを買って入場します。パイレーツのおじさんはその博物館の入り口でたのしそうに特別詳しく解説をしてくれました。(ありがとう!パイレーツおじさん!)

そのあとも鮮魚やコンク貝を売っている屋台を見たりストローマーケット役所の前で偶然結婚式らしきパレードも見ることができました。リオのカーニバル風な華やかな衣装を着た音楽隊がバハマ音楽を軽快に演奏していてとっても楽しそうでした。ホテルに戻る前にダウンタウンでお土産を買おうとその後もいくつかのお店を回っていたのですが、なんとバハマではほとんどのお店が夕方5時に閉店してしまうのです。しかたなくお土産は最終日に買うことにしてホテルに戻りました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


バハマからアメリカに、そして再びバハマへ

2006/10/01 16:19
画像翌日、中程度の二日酔い。。。壮大なイベントに見合った素敵なお土産といった感じでしょうか。思い出をかみ締めながら、逆流にも堪えるためにやはり唇をかみ締めています。。。。^^;

午前中から再びプライベートジェットに乗ってマイアミに移動し、そこで皆と別れを惜しんでさよならです。さびしいなぁ。事前にDavidが持参していたPCに皆のアドレスを集めてくれていたので後日連絡を取り合うことを約束して別れます。

この後我々はせっかく初めてのバハマに行くのだからと事前にボルボの方に相談し、帰りのフライトの日程をずらしてもらっていました。マイアミに到着後その足で再び国際線に乗って今度はバハマのナッソーに向けて出発します。
この時、実は前日にイギリスからの飛行機でテロ疑惑の事件が発生し、飛行場はどこも厳戒態勢になっていましたが運良く我々のフライトは時間通りにナッソーに到着しました。この日Sさん達が乗ったニューヨーク行きのフライトは6時間!も遅れて到着したそうです。(夕方6時の予定が夜中の12時に出発したそうです。)

再びバハマに入国審査を受け、今度はナッソーのすぐ北のパラダイスアイランドにあるホテルで4泊します。到着した日は二人とも疲労のピークで眠い目を擦りながら早々に夕飯を食べて就寝しました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


思い出?の2次会

2006/09/18 23:22
画像Barに移動し、妻とSさん、そしてLukeと一緒にカウンターに座りました。我々が楽しく飲んでいると周りからカメラマンやエディターやスタッフの方々が声をかけてくれます。エディターの方が

「Akihiroの写真はすごくいい笑顔とアクションが一番たくさん取れてたよ。」

と褒めてくれました。^^また、他のカメラマンの人とスタッフが、

「Akihiro、俺は本当に君に優勝してほしかったんだ。いつもいい顔してくれるしね。^^」

「俺はアメリカ人だけどAkihiroをずっと応援してたんだよ!」

と口々に言ってくれてとっても感激しました。

Akihiro「みなさんのお陰でこんなに楽しむことができたんですよ!本当にありがとうございます!」

音声の方「Akihiroはいつもそうやって俺達スタッフにまで「ありがとう」と声をかけてくれるから嬉しいんだよね。」

Akihiro「(ますます感激)T.T」

ますます気分をよくした私は、

Akihiro「よーし今日は飲んじゃうぞ!(毎日飲んでるけどね!by妻)」

バーテンさん「おっけー!まかせとけ!俺は飲みやすーくておいしーいカクテルを飲ませてへべれけにさせるのが得意なんだよ。うはは!」

Akihiro「じゃあ手始めに美味しいピニャコラーダをおねがいしまーす!」

バーテンさん「がってん承知!」

Akihiro「ゴクゴク...おー!これは本当においしいピニャコラーザだ!びっくりした!ゴクゴク...。」

バーテンさん「そうだろ、そうだろ!」

Akihiro「じゃあ、次は美味しいラムコークをおねがい!!」

バーテンさん「まかせとき!こっちが男性用で、こっちが女性用だ!」

Akihiro「ゴクゴク...おー、ちょうどいいねぇ。めっちゃおいしいよ、これ!ゴクゴク...。」

バーテンさん「お兄さん、じゃあ、次はこいつでどうだ!」

Akihiro「うっひょー!けっこうきついけどこれもめちゃくちゃおいしいねぇ!バーテンさん、最高だね!」

となりにいたLukeもグビグビ飲んでます。
私はスタッフの人たちから嬉しい言葉をかけられたのもあいまってチョーいい気分になってます。^^

Lukeはイベントの間(彼女に作ってもらった)不死身のおサルさんと海賊のアイマスクとバンダナを着用していました。癒し系の彼がするととても海賊という感じではないのですがとっても似合っていて皆からは「かわいい!」と大好評でした。

その後も、皆でワイワイといろんな話をして楽しい時間を過ごし、私はよっぱらった勢いで、

「Luke、そのアイマスク僕にもつけさせてよ」

といって装着し写真をとってもらった...

...らしいです。ーー;(じ、実はこの辺から記憶がうすれて...^^;)

でも、とにかくものすごく嬉しくて楽しかった事だけは覚えています!^^;;

しばらくワイワイやっていると...。

うーん、どうやら焦点が...さだまらなく...なって...。

Akihiro「...そろそろ、もどる?」

妻&Sさん「さすがに、酔っ払ったんでしょ^^」

Akihiro「はい、そうとう酔っ払いましたー。@。@」

バハマ最高のバーテンさんによってすっかり酔わされてしまいました。^^

すでに12時を回っていましたが、名残惜しい気持ちいっぱいで敢え無くご帰還。

Akihiro&妻「みなさん、おやすみなさーい!」

部屋に帰って、しっかり胃の洗浄?をした後^^;、ふかーい眠りにつきました。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


アバコ最後のDinner

2006/09/18 22:05
画像席に着くと食事が用意され、みんな食事をしながら口々に予選の問題や、このイベントで代表に選ばれたときのことや、イベント中に起こったことなどを振り返りながらいろんな話をしました。途中、ウッドデッキでは生演奏にあわせてダンサー達が賑やかにダンスをしていましたが、しばらくすると参加者達も次々とダンスに加わってはしゃいでました。我々ももちろん軽やかなステップ(というより千鳥足?^^;)で踊りまくりました。^^本当に楽しかったです。

席に戻ってくると、向かいの席にいたSusieが遠くを見ながら座っていたので声をかけてみると、

Susie「今日が最後だと思うとさびしくて...。」

と寂しそうな顔をしています。

本当にそのとおりです。こんなに短期間ではあったけれど予想をはるかに超える素晴らしいイベントで一緒に戦い、笑い、語りあったメンバーが明日にはそれぞれの国に帰っていってしまうことを考えるととっても悲しくなります。

妻「... T.T」

感極まった妻をつれてビーチに散歩に行きました。^^夜になってすっかり涼しくなったビーチがとても気持ちよくベンチに座って一休みしました。

Akihiro&妻「ほんとにすごいイベントだったねぇ。それに関係する全ての人が素晴らしかったねぇ。」

ふたりで感無量...。T.T

しばらくイベント中の出来事を振り返って話をしていると、ボルボの方が歩いてこられて「大丈夫ですか?」と。どうやらPartyが楽しめてないのではと心配されたようで...。

Akihiro&妻「ちがうんです。パーティーはもちろん、このイベントが本当に素晴らしくて感動しすぎてしまったんです。」

ボルボの方「それはよかったです。^^」

その後、ふたたびテーブルに戻り、皆と歓談したり、各国のFinalist&Guestとそれぞれ記念撮影をしたりしました。Davidともがっちり握手して健闘を称えあい記念撮影しました。

食事が一通り終わると、まだまだ皆と一緒にいたい我々は、隣のBarに移動して二次会です。^^
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
Farewell party & special surprise !!
Farewell party & special surprise !! アバコで迎える最後の夕食です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/18 21:42
午後のレクリエーション&ジョーズ!?
午後のレクリエーション&ジョーズ!? レクリエーションの選択肢は下記の6つです。 ・Round of Golf ・Deep Sea Fishing Tour ・Snorkeling ・Scuba Diving (Must be certified and must present your Scuba Certified Certificate at the time the tour begins) ・Massage/Pedicure and Manicure ・Facial/Pedicure and Manicure... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/09/16 12:18
ランチとビーチ
ランチとビーチ 決勝会場からAbaco Clubにもどり、ビーチサイドにあるカフェでランチをいただきます。Jenny&Bill夫妻が座っている席があいていたので妻とSさんと一緒に合流しました。ランチが美味しかったのは勿論、そのビーチが美しいったりゃありゃしません。オーダーするやいなや我々は「ちょっと失礼!」といって食事が来るまでの間ビーチに飛び出しました。これぞ楽園。本当にすごい。こんなの写真でも映像でも見たことないっていうぐらい美しい。ゴミ一つなんてものではなく、石ころ一つ、漂流物一つないのです。ある意味不自... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/16 12:10
優勝者発表&XC90発掘!
優勝者発表&XC90発掘! ゲーム終了後、ビーチの近くにあるウッドデッキに全員集合します。私とDavidはお互いに決勝戦で作成したパズルの地図を片手に皆の前に立っています。ゲストやスタッフは勿論、カメラクルーも全員集合しています。(この時点でゲームの結果を知っているのは私とDavidと一部のスタッフのみです。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/12 00:56
最終決戦!
最終決戦! 夜のうちに超特急でクリーニングしてもらったサムライブルーのユニフォームを再び受け取り、着替えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2006/09/09 10:00
第3ステージ終了後
第3ステージ終了後 すでに夜の8時半。帰りのバンを待ってホテルの夕食会場に到着したときにはすでに10時過ぎ。朝8時からおよそ14時間の間にサンドイッチ1つ...お腹減りすぎて本当に倒れそう...。でも、夕食会場に着くとみんなの最高の笑顔が待っていてくれました!ゲストや第1ステージで敗れたJose、Jenny、Karlから「どうなったの!?」「誰が勝ち残ってるの?」と質問の嵐。私も元気に笑顔で応えます! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/09/04 23:38
第3ステージ 計量カップ!?
第3ステージ 計量カップ!? 灯台の見える小さな港町に到着しました。桟橋からDavid、Susie、Akihiroの順で灯台の方向に歩いていきます。灯台の近くに来ると少し開けた芝生の斜面があり、そこに机が並んでいます。 机の上には3人分の何かが並んでいます。そう、大きさの異なる3つの透明な容器。そのなかでも一番大きな容器は液体で満たされています。まさか、早飲み競争!?ビールなら結構自信あるけどなぁ...Susieには勝てないかも!^^;と思ったのもつかの間。近づくにつれそれが意外に大きいことがわかります。かるく大瓶3本以上... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

2006/09/01 23:36
第3ステージに移動中
第3ステージに移動中 再びボートに乗り込み第3ステージの会場へ移動します。このとき既に夕刻。(6時過ぎ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/01 21:59
第2ステージ タイブレークゲーム
第2ステージ タイブレークゲーム 表情ひとつ変えず落ち着き払っているJames。「コンク貝を10個並べて、”はい、もう一度”」と言われないことだけを願っている私。 Jamesと2人で肩を並べて一歩前に出ます。ここで進行役のお姉さんから課題発表されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/30 23:22
第2ステージ 神経ボロボロ衰弱
第2ステージ 神経ボロボロ衰弱 第1ステージを勝ち抜けたJames、David、Susieと私が第2ステージの会場にボートで移動します。風がきもちいいー。第2ステージの会場となっているこの島は、なんと1オーナーで22億円!の島だそうです。その一部をお借りして第2ステージを行います。まずは移動中のボートの上でサイコロで順番を決めました。順番はJames、Susie、Akihiro、Davidです。島に到着すると、カメラスタッフの準備ができるまでしばし木陰で待機。準備ができるとスタッフのキューを合図にビーチ沿いを歩き始め、砂浜の上... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/30 01:03
第1ステージ 結果発表!!
僕の後に出発したDavid, Susie, Joseが順番に到着します。みんなやっぱり全力疾走でぜーはーぜーはーしながらカフェにたどり着きストップウォッチを見て万歳!!ゴールです。ゴールのあとはグッタリと疲れているものの到着しているほかのFinalistやゲストの顔を見ると満面の笑み!みんなお互いにどうだった?と聞き合うとそろって「いやー自信が無い」と。もちろん、私もまったく自信などありません。2度もタイムアウトしてるし。でもよくよく聞いてみると、ほとんどみんな同じようにタイムアウトしていました... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/08/27 19:33
第1ステージ その7 レゲェのおじさん
第1ステージ その7 レゲェのおじさん Sundownersの船着場までカートで疾走します。全員走りと興奮でぜーはーぜーはー、会話になりません。カートで待っていたドライバーのお姉さんは一人涼しそうに見えます。^^;(さほど湿度はないので日陰にいればずいぶん涼しいのです。)しばらくすると船着場が見えてきました。桟橋の先にSundownersの看板があり、そこにレゲェ風1000%のイカシタオジサンがいます。カートを降りて再び疾走!「オジサンこんにちは!」「よくきたなぁ、ちょっくらそこにある魚の重さを量りたいんだけど手伝ってくれないかい?「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/27 19:02
第1ステージ その6 彫刻公園
彫刻の公園に到着しました。「彫刻の公園」というだけはあります。というより、彫刻しかありません。たっくさんあります。まずは公園の真ん中で台の上に立っている立像を見ます。説明書を読んでもマローンの文字はなし。すぐさま片っ端から残りの胸像を見ていきます。いくつかの胸像にはちょっと不自然な首飾りがあったりするのでそれを中心に次々と見ていくものの、マローンが見つかりません。大半を見終わっても見つからない。おかしい、絶対あるはず。めげずに最後まで探し続けました。あっ、ありましたー!なぜここから見なかったんだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/27 18:26
第1ステージ その5 町の歴史
第1ステージ その5 町の歴史 小さなMuseumに到着。中には一人の女性がいて「ようこそMuseumへ」。すかさず「この街の歴史を知りたいのですが。」というと、女性は「この街には造船の歴史があります。たくさん船や写真がありますのでごゆっくりご覧ください。」「ありがとうございます。」残念ながらゆっくりはしてられないけどざーっと見るけど次なる手がかりなし。2階もあるようだけど、2階もどうぞと言われないから、きっと下手に踏み込まないほうがよさそう。しかし、ヒントがない。うーん、と思案していたら、「お越しいただいた記念に記帳していた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/27 17:49
第1ステージ その4 海へダイブ!
カートを飛ばしていざビーチへ!(といってもカートは制限速度を超えられないルールなので”飛ばして”いるのは気分だけです。^^;)ビーチに到着すると目の前にはスノーケリンググッズが7つ並んでいます!迷わず装着!で、どっちに泳げばいいの?と見渡すとちょっと沖にいったところにウキがひとつ浮いています。遠浅な海であるため波打ち際から泳ぐに浅すぎるし、走るにはフィンが邪魔して走りにくい。すぐに後ろ向きが速いと気がついて後ろ向きに走る。これは速い!ちょっと深くなってきたところでさてダイブ!しようかと思ったら、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/08/27 17:18
第1ステージ その3 刑務所と拳銃
「この腕、義手でしょ。はずすよ。えい!」、力を込めてはずそうとするもののどうやら義手ではなくおまわりさんは迷惑そうな様子で「違います」。「じゃあ、擦れば切れるよね!?」とゴシゴシ擦りまくると、おまわりさんは冷たく「もちろん駄目です。」。半ばあきらめ気味に引き続き打開策を検討。「お!」来ました、われながら大胆なアイデア。なんと彼の腰には本物らしき拳銃がありました。僕が目を輝かせてそれを取り出そうとしたら、さっきまで口数もすくなく冷静だった警察官が突然慌てて「そ、それも駄目です!」。周りのカメラマン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/08/24 00:06
第1ステージ その2 国際電話?
おちつけ、おちつて。じゃなくて、おちつけ。うーん、「よし、もう一度やってみよう!」郵便局のお姉さんに懇願。「今間違って投函しちゃったのでもう一度とりだしてくれませんか?」「OK。」いとも簡単でした。郵便局とポストは中でつながっていて「これね?」とすぐにとってくれた。(だったら切手を買ったときにそのまま受け取ってくれたらいいじゃん?と不思議に思いながら)にっこり「Thank you!」。もう一度外に出て、ポストのところに。自分の宛先を書いて送る...と、危うくまたポストに落としそうになって慌てる。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/23 23:40
(8/8)第1ステージ!その1 旅行案内所と郵便局
第1ステージは先ほどドミノで決めた順番にしたがって15分間隔でスタートし、各自のステージ終了までの時間をストップウォッチで計測した結果、短時間で完了した上位4名が勝ち抜き。ゲームは、運転手つきのゴルフカートに乗って小さな港町を謎解きをしながら散策します。ストップウォッチのスタートと同時に封筒が二つ手渡されました。ひとつは町の地図。もうひとつは手紙と10ドル紙幣...?手紙には「旅行案内所に行ってください。そこにちょっとしたプレゼントとして無料の絵葉書があります。」とあるので地図を見ました。手書き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/23 22:59
(8/8)各国Finalistの紹介
ここで簡単に各国Finalistの紹介を。 ・Jenny Buckalew, 35, Newnan, Ga.   Guestは旦那様。夫婦でトライアスロンしてます。絵に描いたようなアメリカ的健康美の夫婦。 ・David Hutz, 30, Herndon, Va.   ハーバード数学科卒のプログラマー。高IQはもちろん身長も180cm超。Jamesの息子。SUDOKUが最近の趣味。Guestは奥様。 ・James Hutz, 57, Carefree, Ariz.   研究者一族でD... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/08/20 23:21
(8/8)第1ステージ会場へ移動開始
(8/8)第1ステージ会場へ移動開始 Finalistは第1ステージの会場へ向けてなんとヘリコプターで移動です。(運べる人数が限られているので通訳やスタッフは事前にボートで移動していたんです。無論ゲストの方々もこのあとボートで移動します。)ヘリコプターに乗り込む前に「撮影」です。これが単なる記念撮影ではなく、まるで映画の撮影さながらの準備がなされていて監督のキューを合図に準備されていた各国の旗の近くを通ってヘリコプターに向かって歩くこと3回、OKが出ました。撮影スタッフは各国Finalistにビデオカメラマンが一人ずつ、その他静止画... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/20 10:53
(8/8)いよいよ決戦の朝
完全なる時差ぼけと戦いの前の興奮で睡眠時間3時間弱...取り急ぎ朝食でコーヒーをがぶ飲みして目を覚ましました。背中に日の丸をつけたサムライブルーのユニフォームを受け取りその場で着替え、もちろん下には海パン着用です。通訳のSさんは先に第1ステージ会場に移動を開始していたため通訳なしでSafetyとRuleの説明。空港で会ったMさんが非英語圏の人たちに噛み砕いた説明をしてくれたこともあって無事理解。ダイス目の入ったドミノを使ってスタート順を決定。Jenny, James, Karl, 私, Davi... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/20 01:02
(8/6)いざ出発!
7月末の日本代表選出の連絡から約2週間、日毎に高まる興奮を抑えるのがやっとでした。体調管理にだけは気をつけながら、決勝戦の謎解きのヒントになることを密かに期待しつつパイレーツ・オブ・カリビアンに関連する情報を集めてました。映画はもちろん、パンフレットも熟読し、グッズも購入!(後にこれが大活躍)ついに出発です! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/18 21:16

トップへ | みんなの「宝探し」ブログ

ボルボトレジャーハント紀行 宝探しのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる