ボルボトレジャーハント紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 優勝者発表&XC90発掘!

<<   作成日時 : 2006/09/12 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像ゲーム終了後、ビーチの近くにあるウッドデッキに全員集合します。私とDavidはお互いに決勝戦で作成したパズルの地図を片手に皆の前に立っています。ゲストやスタッフは勿論、カメラクルーも全員集合しています。(この時点でゲームの結果を知っているのは私とDavidと一部のスタッフのみです。)

いよいよ結果発表です!

「これまでの困難な課題を解き勝ち抜いてきたこの2人が最後の決勝戦を戦いました!2人とも本当に素晴らしい健闘を見せてくれましたが、優勝賞品のVolvoXC90を手にするのは一人だけです!」

「優勝者!David Hutz!!!」

「ぅおーーーーー!!!パチパチパチパチ!!!」

皆が盛り上がり、たくさんのカメラに囲まれながら、私とDavidはお互いの健闘を称えがっちりと握手をします。

シャンパンがポーン!ポーン!と景気良く開けられ、イチゴの入ったシャンパングラスに注がれます。

全員で「かんぱーーーい!!!」

もうその後は皆からもみくちゃにされながら、途中何度かインタビューを受けたりしました。

何度もいろんな人から感想を聞かれ、Great!Wonderful!Unbelievable!Fantastic!Incredible!...そして最後は、I need more adjectives!と言って周りの助けを呼んでました。(あとで聞いたらJennyも同じことを言ってたそうです。母国語なのに。^^)

ひとしきり大騒ぎをした後、いよいよ優勝賞品のXC90の掘り起こし現場を皆で見学に行きます。

Davidが掘るとこをみるのかな?などといいながらスタッフの誘導に従って近くの小さな丘に向かって歩いていきます。

丘をあがると、そこには既に重機が作業を開始していてXC90の入ったコンテナを掘り起こしています!
(Davidは最後の地図でその場所を見つけた際に撮影用に少しだけスコップで掘り起こしたそうです。もちろん全部スコップだけで掘るのは無理でしょうからね^^)

皆、掘り起こされるのをワクワクしながら覗き込んでいます。

徐々に砂が掘られ、コンテナが見えてきました!

ちょっと持ち上げてみては、戻し、上げては、戻し...。想像以上にコンテナの上にある土が重いらしくなかなか全貌を見せてくれません。

そして結局1時間以上これまた強烈な日差しの下、木陰すらない丘の上でずーっと待ち続けました。(ここで妻の顔色が徐々に薄れていきます...。^^;)

妻「ちょっと気分が...。」

酷暑のなか立ち続けて待っていたために、ついに顔色が悪くなりしゃがみこんでしまいました。

と、そのとき!ついにコンテナがあがったのです!その壁面いっぱいのドクロマークを掲げて皆の前に現れました!!(なんと3ヶ月前!から地中に埋められていたため、スタッフの人達はXC90が無事な姿で出てくるかとても心配していたそうです。)

どよめきと共に拍手・歓声が沸き起こります!

「うぉーーーー!」
「ヒュー、ヒューーー!!」
「おお!XC90ーーー!!!」

扉が開けられます。

出てきました!!!ブラックサファイアのXC90!!!ボンネット、サイド、リアの全てにドクロマークがデザインされており、しかも助手席には本物のパイレーツのドクロ人形が座っています!!!

コンテナからゆっくりと出てきます!強烈な陽射しに照らされて真っ黒なボディーがぎらぎらと輝いています!!

「かっこいーーー!!」

20インチの特注ブラックホイールがこれまた超カッコイイ!しかもタイヤのバルブのヘッドはドクロの形!!!

「So, cool!!!」

皆の記念撮影が続きます。しばし興奮が収まりません。

妻「ねえ、もしもよ、もしも、優勝してたらこれで会社に行くの?わたしはこれに初心者マークつけてお買い物に行くのかな?^^;」

Akihiro「いやぁ、これはかっこいい!かっこよすぎる!しびれちゃうねぇ!!でも...横浜には厳しいかも...。^^;」

いつしか妻も気分が悪かったことも忘れて、そのXC90スペシャルエディションのスケールの大きさに圧倒されながらなぜか爆笑してました。^^

(追記)3ヶ月地中に埋められていたコンテナはその天井が大きく変形していて、ゆうに1mは開いていたはずの天井の空間がXC90のルーフまであと50cmというところまで迫っていました。あと1ヶ月過ぎていたらあのXC90もXC70ぐらいに縮んでいたかもしれません。^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなに立派なコンテナでも土の重みでヘコんじゃうんですね〜。
XC90スペシャルエディションはかっこいいけど、仰るとおり普通に乗るにはやや気恥ずかしさが…。
ボルボトレジャーハントを知らない人達には「映画マニア」としか思われないでしょうし。(^m^;)
とは言え、やっぱりDavidがうらやましいです♪
しかし3ヶ月も埋められてて、カビくさくならないモノなのでしょうか?笑
ざんすー
2006/09/15 17:04
私も運転席に座らせてもらいましたが、カビくさくはなかったですよ。^^
でも、新車のにおいもしなかったかも。。。^^;
今頃DavidはV8エンジンでかっ飛ばしているんでしょうね。運転してみたかったなぁ。
あー
2006/09/17 09:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
優勝者発表&XC90発掘! ボルボトレジャーハント紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる